秋 桜 の 詩 V

2005.10.6 撮影






暮れ行く空に
心の残して咲いている

彼方の空に思いを馳せて
















































揺れる思い
揺れる眼差し
ひとつの思い
遥かなる日











お手てぇつぅないでぇ ♪

母と歩いたあの道にも
コスモスが咲いていた
夕暮れの帰り道










ぼんやりと夕日を見た頃

泣きたくなるような夕日を見た日

いろいろな日々

眺めれば心に涙、溢れる









懐かしき日々はかえらず

それでも

人は懐かしき日々を慈しむ

母のぬくもり

繋いだ手に伝わる暖かさ

眺める空に

陽は落ちていく

秋桜日和は暮れて行く

太陽の微笑みを残しながら・・・








2005.10.6