こ い う た

since 2002.11.9


2002.11 2002.12 2003.1 2003.2 2003.3 2003.4 2003.5 2003.6 2003.7

2003.8 2003.9 2003.10 2003.11 2003.12 2004.1 2004.2 2004.3 2004.4 2004.5

2004.6 2004.7 2004.8 2004.9 2004.10 2004.11 2004.12 2005.1 2005.2 2005.3

2005.4 2005.5 2005.6 2005.7 2005.8. 2005.9 2005.11 2005.12 2006.1 2006.2

2006.3 2006.4 2006.5 2006.6 2006.7 2006.8 2006.9 2006.10 2006.12 2007.3

2007.4〜2007.12 2008.1〜2008.8  2008.9〜2009.12  2010.2〜2011.2 2011.4〜2012.6

2012.8〜2013.9




No709

伝えたいこと
心いっぱいにあふれて

それでも、想いを閉じ込めて
日々を過ごしています

ひとつの願いは、あなたがそこにいてくれること
太陽も、風も、空も、木々も
どんな色も、あなたと同じ色

日々の大切さ
一日の時の重さ

愛おしい日々

あなたと同じ想いで過ごしています

2017.10.13



No708

四季の移ろいが瞳にやさしく映り

あなたとの思い出を食べて生きています

あいたい
あいたい

幾度、切なくつぶやいたことでしょう

木々がそよぎ
新緑の緑が、一層の優しさを運んで来ます

瞳に映るすべてのものが
愛しい色に輝きます

あなたとの思い出を食べて生きています

2017.5.14




No707

桜がはらはらと散って
季節が、さらさらと流れます

逢えていたときよりも

逢えない時間のほうが、もっともっと
あなたを強く、想うことを知りました

すべての季節の色が
あなたが思う同じ心色になります

瞳を閉じれば
わたしのそばにあなたがいます。。。

2017.4.26



No706


季節が移ろいます
時には速く、時にはゆるやかに

あなたと私の出逢い

琴線のふれあいは、永遠

毎日、想い出を心の中でたべています

御腹いっぱいにならないのが不思議です

今夜も夢の中に、あなたがいます

2016.11.11



No705

桜が咲いて
蓮華が咲いて
向日葵が咲いて
秋桜が咲いて

季節が移ろいます

あなたへ伝えたい文字を心の中に閉じ込めています。

本当は風にのせて送りたい
ビンにつめて、海から送りたい

叶わぬ想いを閉じ込めて
遠いあなたを

思い出しています

2016.9.20



No704


お日様が雲に隠れて
少し淋しい時は

あの人の言葉を思い出す

お日様は、雲の向こうで輝いているよ
輝いているけれど、今は見えないだけさ

見えないものが見える
心の中でみえる

そんな言葉を知りました

心だけ飛んで

あなたの側にいます

いつものように

2016.6.15




No703

太陽が輝く日があり
雲に隠れた日は、雨になり

星が流れて

愛しい日々が過ぎて行きます

四季の移ろいは、心ふるえるほどの感動です

あなたと私の日々

見えないものが見えて
まるで、側にいるような錯覚

一緒に月を眺めて
野に咲く可憐な花に感動し

時々、想い出の小箱をあけてみる

あなたと私の心の日々

愛しさに、心ふるえます

2016.6.6




No702

いくつもの星が流れて

何度も何度も生まれかわり

恋人たちは、再び廻り逢う

あなたは、私を見つけ

心の琴線が寄り添う

廻り逢いの不思議さ
あなたに逢うべきして生まれ来る

いつの日か、逢える

そんな恋人たち

時は、静かなる音をたてて過ぎてゆく

愛しい君へ

千年の時を越えて、逢いに行く

2016.5.26



No701

心の想いは、ゆるやかに流れて

想いの重さ、確かめています

あなたと見た虹色の夢
あなたの吐息

眺める月も星も同じなのに
瞳にあなたを映せない
心の中の大きな鏡には、あなたがいるに
私の瞳にあなたを映せない

想いはあの日、止まったまま

ゆるやかに時は流れても

私の想いの重さ

確かめています

2016.5.24




No700

紫陽花が雨に打たれて

しずくに、花色をとかしていく

心にとかされた、私の花色は

色あせることがない

あなたと私が織り上げた

こいのはないろ

遠いあなたへ

想いが、心いっぱいに広がって

わたしのはなはふるえている・・・

2015.7.1



No699

羊雲が空いっぱいに広がって
明日は雨

雨の日、風の日
それでも心は、暖かい

出逢いは、突然
ふれあいは、永遠

あなたの住む街の空を眺める
同じ月、同じ星

眺めれば、あなたの瞳と重なる

想い出は永遠

涙色した瞳で、あなたを見つめます

私の心に住む

いとしいあなたを

2014.12.15





No698

彼岸花の紅色が
私の心の炎を揺らします

ゆらゆらと、消えることのない炎は
紅色よりも赤い

どこにいても、あなたが見える
私だけのあなたが見える

あなたの笑みが心にあふれる

切ない想いは

あの時のまま

あふれる想いは、あの時のまま

2014.9.24




No697

真夏の太陽が輝いて、空に燃える

お花たちは、みんな太陽を向く

私の心は、あなたへ向く

そして

私の心は、太陽よりも燃えている

消えることのない炎は、いまでも紅い

2014.7.24





No696

あなたは

この広い世界の中で
私の心にいます

森の中
林の中
花の中
空の雲
雨の雫

どこを眺めても一緒にいます

季節は、ゆっくりと流れます
それでもあなたといた時間は、止まったままです

見えますか
あの日、あの時の大切なひととき

刹那のきらめきは
心の炎です

いまでも・・・

2014.6.18





No695

季節が巡ります

あなたの瞳に映る、春のお花たちは
私の瞳にも宿ります

あなたの想い
私の心にもあふれます

瞳を閉じれば
あなたが隣にいます

あなたの吐息でさえ
頬に感じます

季節が巡ります

あなたへの想いの重さ

永遠に続きます

2014.3.11





No694

巡る季節の中で

あなたが

こいしくて

せつなくて

こえがききたくて

あいたくて

あいたくて

あなたの面影をおいかける


2014.2.27






No693

桜色の心で

あなたを、想っています

はらはらと、想い出を紡いでいます

桜色の心で
夢の中で

あなたを、想っています

空を飛ぶ鳥は
あなたの街へと急ぎます
私の心を乗せて

太陽も、空も、月も、花も、雲も、星も
すべてのものが、あなたへと続きます

今年の桜も、あなたと眺めます

心に咲く、桜を。。。


2014.1.28







No692

時を越えて

あなたに逢いに行きます

あなたがどこに居てもわかります

あなたの笑顔
あなたのしぐさ

出逢いのない頃の時間よ、止まれ

あなたを捜しに行きます

私の鼓動が聞こえますか

今、逢いに行きます

時を越えて

2013.12.18




No691


紅い葉が、はらはらと散るように

あなたと私の刹那のひととき

怖いものが何もない
ただ欲しいのは、時間だけ

紅い葉が、心ではらはらと散る

まだ見えますか

あの刹那のひととき

切なさを込めて

散り行く紅き葉を見つめる

寄り添う心と、心

瞳を閉じて見つめます

あなたのすべてを・・・


2013.11.16






No690


心のときめきは、あの頃のまま

いくつ季節が流れても
あの時のまま

あわてんぼう
わすれんぼう

あなたは、心で苦笑い

あの日のときめきは

私の生きた、何年分

甘い思い出をかじりながら

季節を見つめています

あなたの笑顔を思い出しています

2013.10.11






No689

あなたの指が私の髪を梳かして

私は、そっと瞳を閉じる

心の鼓動が聞こえるように速くなる

切なさを込めて
あなたの指は、優しく激しく動く

時よ、止まれ

広い世界の中に二人

あなたと私の夢の世界

あなたの指が私の髪を梳かして

私の瞳は、あなたを見つめる

瞳の中に、炎を込めて


2013.9.24





No688

あなたと私の見つめる月が輝いて

ときめく心

出逢えた日々の鼓動が聞こえてくる

苦しいほどの切なさは、月の光にとかされて

あなたの微笑みを思い出す
夢織りの日々

秋の蝶たちが、光を惜しむように飛んでいく

私の心が見えますか

愛の色が見えますか


2013.9.20